佐渡地区/朝ごはん いかとんびの漁火焼き

いかとんびの漁火焼き

極寒の海がもたらす恵み

佐渡は県内の中では比較的温暖な気候で、大雪になることは少ないと言われています。とはいえ、寒さや空気は北国の厳しさを感じさせ、特に日本海の荒波は、北国の冬そのもの。激しく音を立てながら打ちつける波しぶきは、自然界の厳しさを見せつけます。そんな荒波に、時折強風に乗り漂う「波の花」が出現。美しい極寒の海の風物詩です。一方厳しい寒さは、豊かな食の恵みをもたらします。身が厚く、脂ののった寒ブリや鱈、南蛮エビや、カニ、アンコウ。真野湾や加茂湖でとれるカキはこの季節が一番と言われています。冬の佐渡は、海の食材が実に豊かなのです。

知る人ぞ知る「とんび」って?

冬の朝ごはんのメニューを決める検討会議でこんな提案がありました。「わざわざ冬の佐渡にお越しいただくのだから、お客様の期待を上回るようなおもてなしをしたい」「訪れた人だけが味わえるような、地元ならではの食材を」。そこで挙がったのが生のスルメイカの「とんび」だったのです。「とんび」とは、イカやタコの口(くちばし)周辺の筋肉質の部分で、現在では乾燥・味付け加工され、珍味として流通されることが一般的な食材。本来スルメイカの旬は夏とされていますが、冬は夏と比べて身が倍ほどになり、「とんび」も肉厚なのだとか。一説には、イカは「とんび」の部分が一番美味しいともいわれているから、これを食べずしてスルメイカは語れませんね。

香ばしくてまろやかな味わいです

「とんび」の鮮度は極上。刺身としていただける部位を、朝ごはんらしく仕立てます。「せっかくの食材を十分に生かせるように」と検討の末、「味噌バター焼き」に決定。イカと味噌バターの相性が良いのは周知の事実。レアでも良し、十分に火を通してからいただくも良し。冬の佐渡だからこそ味わえる貴重な朝ごはんのおかずです。とんびの味噌バター焼きに添えられる冬野菜などは宿ごとのアレンジで。ちなみに佐渡ではバターも作られているので、宿によってはオール佐渡産食材の味噌バター焼きが味わえるかもしれません。最後にひとつ注意点。とんびは堅いくちばしを身から離す必要があるので、そこが美味しいものを食べる前のひと手間の作業です(簡単にはずせます)。カニの身を出すひと手間と同じように、このくちばしをはずす作業も新潟珍味を味わう前の風物詩なのです。

どの宿の料理も、間違い無しの美味しさです!ただ、どれも朝酒にも相性抜群なんですよね(笑)。

佐渡地区・朝ごはん「いかとんびの漁火焼き」が召し上がれる宿

第21回全旅連青年部 褒章アワード グランプリ受賞!

にいがた朝ごはんのお知らせ

にいがた朝ごはんのつぶやき

過去のお献立(バックナンバー)